更新履歴

ベルデモール

加古川 散策2014」でベルデモールの写真を撮ってきました。
JR加古川駅は「わがまち加古川60選」に指定されています。

ベルデモールは、JR加古川駅の南側にある商店街です。
街路樹が美しい明るい雰囲気があります。
「ベルデモール」の意味はスペイン語で緑を表す「ベルデ」と、英語で木陰のある散歩道を表す「モール」を組み合わせた言葉です。
商店街は明治28年から40年代にできた古い歴史があるそうです。

■ベルデモール
加古川市加古川町篠原町寺家町

「わがまち加古川60選」の説明板には次のように書かれています。
「加古川の顔」として、市民に親しまれているJR加古川駅南側の商店街。「ベルデ」は緑、「モール」は木陰のある散歩道のことでケヤキ・モミ・ハナミズキなどの樹木がつくるゲート、アーケードが訪れた人々を出迎えてくれます。商店街にある「直線的な図形を組み合わせた石畳がおしゃれに仕上がっています。

わがまち加古川60選 ベルデモール

わがまち加古川60選 ベルデモール

ベルデモールの北側入口

ベルデモールの北側入口

ケヤキ・モミ・ハナミズキなどの樹木

ケヤキ・モミ・ハナミズキなどの樹木

「じけまち」の商店街の入り口

「じけまち」の商店街の入り口

ベルデモールを歩いていると加古川名物「かつめし」のイメージキャラクター「かっつん」と「デミーちゃん」のモニュメントがありました。
今は、ゆるキャラとしても活躍している「かっつん」と「デミーちゃん」です。
モニュメントには次のように書かれています。
かつめしは、戦後間もない頃に、この加古川駅前通商店街にあった「いろは食堂」で考案されました。洋皿にご飯を盛り、牛カツをのせ、独特のたれをかけ、箸で食べるスタイルは、気軽に食べられる洋食として親しまれました。
今では、加古川市やその周辺の100店舗以上で食べることができます。また、スーパーでは専用のたれが販売され、家庭にも普及し、学校給食のメニューにも取り入れられています。まさに愛する加古川の名物となった「かつめし」を、ぜひ食べてみてください!

「かっつん」と「デミーちゃん」

「かっつん」と「デミーちゃん」

「かつめし」とは?

「かつめし」とは?

■ベルデモール Youtube動画

■ベルデモール 地図


  このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://kakogawa.sutekinet.info/rireki/wp-trackback.php?p=387